【深イイ話】直击心灵的三行情诗

By | 2011/09/06

非常有名的三行情诗,看看这视频了解一下。

下面是比较完整的版本,上面视频中的基本都是从这里选出来的。
翻译么,有那个心境的时候来两个吧……

另外,虽然翻译作“情诗”,并不单纯是爱情,也可以使亲情友情,甚至思念关切都可以写在里面。

もし天国で僕を見つけても
どうか知らんぷりでいて欲しい
今度も僕からプロポーズしたいから
分娩室から出たら父がいた 
「よく頑張ったね」頭をぐしゃぐしゃになでてくれた 
いつぶりだろう 母親になった直後 娘になった
「がんばれ!」と背中を押したのも
「がんばらなくていい」と抱きしめてくれたのも
あなたでした。
お父さん、
子供らも巣立ち2人になりましたね。
また、しょうちゃんと呼んでもいいですか?
メールがきた、今何してんの?って 
ぼーっとしてるって返した  
君のメール待ってたなんて送れへんよ

妻の足爪を切る小春日和の病室
伸びた分だけ元気になっているんだよ
意識が正常に戻る日が近づいているんだよ
ハワイの海とかローマの遺跡とか
そんなの誰と行ったって楽しいでしょう
駅前の商店街で幸せが湧いてくるのはきっとあなたとだけね
妻よ 
愛してるなんて言えないけれど 
俺より先に死んでくれるな
おみくじは凶だったけど 
こんな彼女と初詣している俺は 
限りなく大吉だろ、神様。
もうすぐ定年だ。
一度、こちらの温泉に来ないか?
単身赴任で苦労をかけた君の背中を流すよ。
ずっと大好きな君から「付き合って」…
といわれただけど僕は断った…
亡くなった友達が…君を好きだったから
「お前ほんまあほやなー」って笑う
君の笑顔が見れるなら
うちはいくらでもあほになるで。
携帯にメールが届く
「ドキッ」としてメールを見る。
でも、君じゃない
君とまたこの廊下ですれ違う
今日こそはと思ったのに
手の中には勇気を出して書いた紙
君のしかけたイタズラに
僕はわざと ひっかかるんだ
だって君の笑顔がみたいから
父ちゃんのデカすぎる背中。
俺の方が20cmも背が高いのにな。
その大きな背中が俺の目標だから。
小さなことで泣くなと母さん
泣きたい時は泣きんさいとおばあちゃん
どちらも私の心の糸がほどけた瞬間でした
俺についてこい
いやか?
いやなら俺がついて行く
あなたの顔にそっくりな息子を
性格もそっくりに育てたい、そしたら
私のような幸せ者がもうひとりできるかな…
365日の二日あなたと会えるたった二日 
もう七回も繰り返してる 
七年たってもたった14日だけの大切な時間
おじいちゃんのまくら、おじいちゃんのにおいがするよ。
おるだけで楽しかった。
あのヤモリおらんなったよ。もっと遊びたかった。
帰り道 
雪の中に残る君の足跡に 
僕の足をそっとかさねてみる
同窓会で 元彼と話した
「あの時ホントは…」
今だからできる せつない恋の答え合わせ
寒くてね 眠れない 赴任地の夜
羊なぞ数えてみても
君が迷い込む
あなたの凛とした声 
あなたの優しかった背中 
少しずつ似てきたあたしが嬉しい
布団からはみだした体
いつか巣立つ日を想い
ふと淋しさ こみあげる
仕事から家に帰ってきてすぐ風呂に入る父さん。
「ハァーッ」っという父さんの声が聞こえてくる。
父さん、毎日お仕事おつかれ様。
ぼくの目ひょうはお母さんをおんぶすること。
よろこんでほしいから。
ありがとうって言われたいから。
実家へ帰るのが恥ずかしいって…。 
父さんも母さんも平気だぞ。さあ、田舎で再出発だ。 
バツイチなんだと凱旋しろよ。
せんせいぼくは、せんせいにあいたいよ。 
どうしてようちえんやめちゃったの。 
年がじょうをよんだらなみだがポロポロ出てきたよ。
どんなに想いを言葉にしても白い息とともに消えてしまう
それならいっそ 雪になりたい
あなたの上に舞い降りる雪になりたい
デートから家に送ってもらった時
「また明日」はお互い言わないね
一人になるのがさびしいから
初めての遠距離恋愛。
会えるのは嬉しいけど、会いたくない。
だって、また離れ離れになるから。
三回目の告白
君は「いいよ」
でも、喜べなかった…ほかの人がすきだから…
君と初めて遊んだ日…
僕は心が痛んだよ…
君と遊びたくて、心友との約束断ったから…
あなたと付き合って…
あなたは、「誰にもいわないで…」でも
私は、あなたのお母さんにだけは言った…あなたが好きだから
君と一回でも話せた日はとっても嬉しいから、
コンビニのおつり、
募金してます。
「また 会え…ますか?」
敬語が今の
私と彼の距離
いいトシをして、なんて言わないで
英会話学校に通いはじめたよ
きみに世界を見せたくてね
試合前に緊張している私に
「がんばって」とあなたが一言
別のドキドキがくわわりました
やっと無事に定年退職となった
ありがとうなんて照れ臭くて言えなくてすまん
この紙に旅の希望を書いていてくれ
前髪を切った日、新しい服を着た日
一番に会いたくなるのは
好きになったってことなのかな
「まだ彼氏と続いてるのか?」と探る父。
「まだ続いてるのか。。。」落ち込む父。
お父さん、そろそろ心の準備をお願いします。
あの頃のきみは物置きの下。今はこたつの中でごろ寝中。
前より幸せなのかな?
きみに会えたことが私の幸せ。
まったりとしていて・・・。 
うーん、レポーターみたいにこの美味しさを伝えられないよ。 
だから、つまり、今度は一緒に食べに来よう。
いつも謝ってばかりの私
「ごめんって言葉は禁止だよ」 そんな彼は
”ありがとう”のほうが嬉しんだって
自分の気持ちに嘘をついた
認めたらどんどん好きになっちゃうから
だけどもう嘘はつきたくない
月・太陽=彼
真っ暗な穴光を照らして
道をつくってくれる大きな手
遠距離はさびしいと思う私
正反対の気持ちの彼 理由は
「お前がいるから大丈夫」
メールではとっても不器用な彼
だけど毎日電話で
「愛してる」大好きな彼の声
どんなに好きでも
愛していても伝わらない
だって君は鈍感だから(笑)
おまえだけ周りと違った
だから安心した
お前だけには素直でいれると・・・。
大好きで大好きで
やっと言えたの
「ありがとう。そしてよろしく」
お前の目
その中に映っていいのは
俺だけ・・・でいい?
彼氏とメールでケンカをしちゃった。
彼からの返信に「世界でおまえが一番好きなんだからなっ!」
と、身近にあなたに愛されてることに涙しちゃった。
君とわかれて新しい恋いをさがしてる
でもなんでだろう全然君以外の子を好きになれない
きみが一番だったから
もぅみられないんだね
きみがぼくだけにみせた
あの笑顔
したことのないダイエット、聞いたことのない曲
努力はたくさんした
たりなかったのは想いを伝える勇気。
「すき」だとか「愛してる」だとか言ってもらった事ないけど
感じてたよ
貴方がまいてくれたマフラーのぬくもりから。
今でも大好き
けどきみから男みたいって言われた瞬間
失恋しちゃったんだ
数ヶ月のあなたとの恋
あなたにとってゎどうでもいいかもしれないけど
私にとってゎ大事な思い出で忘れたくない「恋」なんです!
あなたがいたなら私の人生どんなだったんだろう
会ったことがないから分からない
でもきっと今よりずっと楽しかっただろうな。
君の事思い出した日なんてないよ・・・
君の事忘れた事がないから。
いつまでも、いつまでも、同じ夏の空を見上げたい。
サッカーが好きな君が好き。
終わらないようにと
頑張った、君とのメール。
スキだったよ・・
でもあなたは違う人の所へ行ったね。
でも私は今でも君を想い続けてるから・・
映画)私の頭の中の消しゴムを一緒に見ていた時、「私の記憶がなくなっていったら、どうする?」という問いかけに『また好きになってもらえるように努力する!』と・・・。一生忘れないな、この言葉とその時の気持ち!
「辛かった」という前に
「辛かっただろう」と言ってくれる
あなたと暮らして50年
六十二年一緒に暮らしたのに今は天と地球で別々に
星を見てお休みと言ったけど
返事あった様な なかった様な アンタ耳遠かったもんネ
朝おきて、誰もいない台所に
ポツンと置いてある、まだ温かいお弁当。
もう少し早く起きたら、ありがとうと言えたのに。
お風呂から 今夜も聞こえる
少し調子のはずれた、あなたの歌声
いつの間にか一緒にハミングしてる私に気づく
今日はあなたの結婚式 
ただ、ひたすらに床を磨いています
涙がぽとりと落ちました
話しかけてきた息子の声に、ドキッとしました。
あの頃のあなたの声でした。
学校のそばの時代遅れの喫茶店 行ってみましょうよ。
下駄箱に並ぶあなたの靴。
どれも外側が減っている。
四十年、頑張ってくれて本当にありがとう、靴じゃなくてあなたによ。
おまえじゃなくて苗字で呼んでくれる。
そして私だけにきびしくて嫌になっちゃうけど
そんな先輩が今でも大好きです。
先輩に初恋してから早2年。
あなたの卒業式で私は今までにないくらい泣いちゃった。
今更でもいいから気づいてよ。今でもずっと好きだということを。
家族の目
独占している君だけど うちのとこにもかけてきて
そのムニムニほっぺをつまませて
久しぶりに家に帰った夜ごはん。
母が作ってくれたハンバーグ。
ちょっとこげていても一つ残さずペロリ。
耳が遠くて歯ぬけのじいちゃん。
こんな木枯らしの日も漁に出ている。
お風呂に入浴ざいをたっぷり入れとくよ。
今日はあなたの結婚式  
ただ、ひたすらに床を磨いています 
涙がぽとりと落ちました

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注